プロペシアを卒業する薄毛対策!フィンペシアを選ぶ理由

薄毛の薬

日本だけでも脱毛症に悩む方は1200万人を超えると考えられていて、何かしらの対策をしている方も多いです。
今までは薄毛治療に有効とされている薬はなく、症状を改善する方法がほとんどありませんでした。
2003年に登場したのがプロペシアという治療薬であり、医師が処方する初めての脱毛症の処方せん薬となります。
薄毛の進行を止めてくれる効果があり、原因となっている5a還元酵素の働きを阻害してくれます。
使用を続けて半年から1年で効果が現われはじめますが、保険の適応がない薬なので薬価も高く、継続的な使用が困難になることもあります。
そこで継続的に使用できるのがフィンペシアという薬です。
フィンペシアとはインドに拠点を置く会社が製造販売を行っている製品ですが、プロペシアの特許が切れていないためジェネリック医薬品という位置づけよりもコピー品といった表現が正しい薬になります。
有効成分は同じもの使っており、フィナステリドが有効成分となります。
同様にAGAの原因となっている5a還元酵素の働きを阻害し、薄毛の進行を止めてくれる作用があります。
価格も1錠あたりが130円程度になるため長期服用の場合においてはかなり使用者の負担を減らしてくれます。
副作用も同じく男性機能の低下となり、性欲がなくなってしまったり、勃起が満足に行えなくなってしまうことがあります。
副作用だけを見てしまうと性行為が出来なくなるのは困ると思うかもしれませんが、副作用のでる可能性も低いので心配しすぎてしまうと逆に心因性のEDになることもあるので注意が必要です。
薄毛治療には他にもミノキシジルとう育毛成分があり、市販薬などでも売られているリアップの中などにも配合されている成分が有効であり、こちらも半年から1年以上の使用によって効果を発揮します。
一緒に使用を続けることで相乗効果が生まれるとも言われているので、症状の進行を抑えつつ、髪の成長を促進して薄毛を改善していきましょう。

■参考リンク
 フィンペシアを海外通販して薄毛を改善する|お薬なび
自身が薄毛であるということを、各個人がしっかりと直視することから、薄毛治療は始まります。実際にこの日本ではかなりの数の薄毛で悩める男性が多く存在しているわけで....
薄毛の治療を始めるにあたり、まず治療薬について知ることも大切です。様々な治療薬があり、現在注目されているのはフィナステリドと言う成分です。この成分がどのような効果をもたらすのか....
抜け毛が多くなり、薄毛になってしまうことには遺伝を含め様々な原因があります。薄毛を対策するには薄毛の原因を事前に知っておくことも必要です。ここでは薄毛の原因について述べています。
フィンペシアなどの育毛剤は使用後すぐに効果が現れるわけではございません。最低でも三ヶ月程使用して初めて目に見えた効果が出ると言われています。ここでは使用後の効果についてより詳しく説明しています。